業界ニュース

新エネルギー車のバッテリー寿命は?

2022-12-27

バッテリーは新エネルギー車の「心臓部」とも言え、その「健康」は車の所有者の使用経験に関係しています。すべての運転手は、自分の車が永遠に鼓動する心臓を持つことを熱望しています。しかし、バッテリーは消耗品ですので、走行シーンを重ねると必ず「劣化」していきます。では、新エネルギー車のバッテリー寿命が切迫しているかどうかをどのように判断すればよいのでしょうか?


01
3年以上使用

市場に出回っている新エネルギー車の電池装備に関しては、三元系リチウム電池とリン酸鉄電池が主流です。前者は 600 ~ 1000 回の充放電サイクルがあり、後者は 2000 回のサイクルがあり、耐用年数は 6 ~ 8 年です。この期間中、バッテリーの容量低下は基本的に70%以下です。しかし、実際の使用では、車の所有者が運転の習慣が悪く、頻繁に加速し、日常のメンテナンスに注意を払わないと、バッテリーに何らかの損傷を与え、「早期老化」を引き起こす可能性があります。


02
耐久性に問題あり

運転者が自分の車が「充電すると満タンになるが、使用すると満タンにならない」と感じた場合、それはバッテリーに問題があることを意味します。一般的に言えば、バッテリー容量の減少は、バッテリーの耐久性が新品の状態よりもはるかに低くなることにつながります。一度バッテリー容量が低下すると、修理による「ピークへの復帰」は困難です。バッテリー容量が小さくなると、バッテリーの性能も大幅に低下し、この劣化は徐々に加速し、やがて「くず鉄」になります。


03
充放電時の深刻な発熱
一部のライダーは、充電中または放電中の車のバッテリーが熱くなっていると述べています。このとき、バッテリーの安全弁を開いて、バッテリーの経年変化の特徴である電解液が黒くなるかどうかを観察できます。電池極板の活性物質の脱落が激しいため、内部抵抗が大きくなり、充放電時に異常発熱します。

04
異常起動

携帯電話が寒冷地で自動的に電源が切れるように、新エネルギー車は寒冷地では始動が困難になります。ただし、通常の天候下で、まだ新品の状態よりも起動が数秒遅い場合や、起動後に電源が切れる場合は、バッテリーの状態が悪化していることを示しています。また、起動後の多機能ディスプレイ画面の黒い画面または暗い色も、バッテリーの消耗の兆候です。